情報システム
ホーム > 情報システム > ERP(統合基幹業務システム)「The Amoeba」

ERP(統合基幹業務システム)「The Amoeba」

ERP "The Amoeba"

アメーバ経営をさらに効率よく運営・活用していくために。
適した情報システムをご提供します。

「アメーバ経営」の効率的な運営には、タイムリーかつ精度の高い情報を提供する情報システムが必要です。「アメーバ経営を支えるための情報システムはどうあるべきか」という明確なコンセプトのもと、最前線のアメーバ で必要とされる経営情報を整理・体系化。ERP(統合基幹業務システム)「The Amoeba(ザ・アメーバ)」として提供しています。

ERP(統合基幹業務システム)「The Amoeba」フローチャート【画像】

「The Amoeba(ザ・アメーバ)」のコンセプト

アメーバ(現場)に必要な情報をタイムリーに提供する

ビジネスの最前線で戦うアメーバに必要な経営情報をタイムリーに提供することにより、現場でスピーディに次のアクションを起こす環境を実現します。

経営情報の統合管理を実現し、経営支援機能の強化を図る

企業における各種の経営情報をデータベースで統合管理し、精度の高い情報をタイムリーに把握し経営判断に利用で きる仕組みを実現します。

コード体系の統一による情報の責任の明確化と柔軟性の実現

すべてのシステムで一元管理されたコードを利用することにより、顧客情報と組織、仕事の成果と組織、経費(時間)と組織の情報を統合的に管理します。また、アメーバの分割、統合などの組織変更にも柔軟に対応します。

ソフトウェア構成

ソフトウェア構成【画像】

*給与システムは他社システムと連動いたします。

「The Amoeba(ザ・アメーバ)」の特長

  • 最先端のIT技術を活用したパッケージソフト
  • コストパフォーマンスの高いパッケージソフト
  • 日報管理・残高管理からキャッシュベース経営までを実現
  • 組織変更に柔軟に対応できる情報システム
  • 管理会計と財務会計の有機的連携
  • 経営コンサルタントが目標実現までフォロー

「The Amoeba(ザ・アメーバ)」の導入効果

「The Amoeba(ザ・アメーバ)」の導入効果のフローチャート【画像】

STEP 1

経営において何より大切なことは、計画に対する遂行管理を日時サイクルでしっかりと行うことです。そのため には、正確な主要実績をデイリーで部門別に把握することが必要になります。

STEP 2

精度の高い実績情報を管理できるようになると、受注残や在庫など主要残高を正確に捉えることができるようになります。これらの残高情報は先行指標であり、先を読んだ遂行管理を行っていく上で非常に重要な情報です。

STEP 3

このような質の高い実績・残高情報を管理できるようになると、単月ベースの採算表だけではなく、受注残や 在庫などの残高情報や入出金予定・実績などのキャッシュ情報を含んだ『総合表』による経営を行うことが可 能になります。つまりキャッシュベース経営の実現です。

「The Amoeba(ザ・アメーバ)」はキャッシュベースの経営の実現までをサポートするシステムです。