アメーバ経営学術研究会
ホーム > アメーバ経営学術研究会

アメーバ経営学術研究会

Amoeba Management Academic Community

学術的な見地から「アメーバ経営」に着目し
日本を代表する管理会計として確立することを目指しています


Photo

京セラ創業者稲盛和夫が編み出し、京セラグループの発展を支える独自の経営手法「アメーバ経営」は、今や国内外の多くの企業に導入され、導入後の業績を飛躍的に伸ばす力になっています。その実績から、「アメーバ経営」は、大学などの機関により、学術的な見地からも注目され、さまざまな研究が進んでいます。

「アメーバ経営学術研究会」は、2006年に、一橋大学、神戸大学、京都大学の経営学・会計学の研究者の方々を中心に発足しました。「アメーバ経営を21世紀における日本を代表する管理会計として学術的に確立する」「アメーバ経営の研究成果の発信を通じて、産業社会の啓蒙を図り、日本企業の発展に寄与する」などの目的を視野に入れ、研究が重ねられています。

2009年には、稲盛和夫、研究者の方々、「アメーバ経営」を学ぶアメーバ経営倶楽部の会員様などが出席し、これまでの研究における成果を発表するシンポジウムを開催。以降アメーバ経営学術研究会により、シンポジウムは定期的に開催されています。

また2010年にはこれまでの研究成果論文の集大成として書籍「アメーバ経営学-理論と実証-」を出版しています。


「アメーバ経営学術研究会」のWebサイトはこちら

アメーバ経営学術研究会に関してのお問い合わせは以下までお願いいたします。
Eメールアドレスamc-information@kccs.co.jp


関連記事