情報セキュリティ方針
ホーム > 情報セキュリティ方針

情報セキュリティ方針

Information Security Policy

京セラコミュニケーションシステム株式会社コンサルティング事業統括本部(以下「当本部」といいます。)は、事業を通じて「真の優良企業の創出とそこに集うすべての人の幸せを創造する」ことを事業統括本部理念としています。コンサルティングによる真の優良企業の創出を行うためには、情報資産の安全を確保し、そのうえで積極的に活用することが不可欠です。その為に、ここに記す「情報セキュリティ方針」を全員が理解し、遵守することで情報セキュリティの運用と改善を進め、マネジメントシステムの確立に取り組んでまいります。


  • 当本部は、お客様からの信頼に応え、より良いコンサルティングサービスを実施するために、情報セキュリティ確保を目的とした管理体制を本部内で確立し、情報セキュリティの事件・事故を防ぐよう努めます。

  • 当本部は、情報セキュリティに関するすべての法令又は規制要求事項、並びに契約上のセキュリティ義務の重要性を理解し遵守します。

  • 当本部は、保有する情報資産に対するリスクを常に適切に評価するために、全ての組織でリスクアセスメントを実施し、その結果を踏まえて情報セキュリティの継続的改善を行います。

  • 当本部の全従業員は情報資産を適切に取り扱うことの社会的責任を理解したうえで、情報セキュリティに関する活動に参画し、対策を確実に実施します。

2016年3月1日
京セラコミュニケーションシステム株式会社 コンサルティング事業統括本部
本部長 松井 達朗


情報セキュリティ目的(目標)

  • 当本部は情報資産管理台帳及びリスク対応計画書を随時見直し、リスクアセスメントをタイムリーに実施することで、受容可能なリスクレベルを維持する。

  • 当本部の全従業員は、求められる情報セキュリティレベルを達成するために、必要な教育を受講すると共に、また自らその知見を深めるように努める。

  • 当本部の全従業員は、事業活動が阻害される、またはそうなり得る状況や事件を発見した場合、速やかに部門長及びISMS関係者に連絡し、是正処置を行う。

2016年3月1日
京セラコミュニケーションシステム株式会社 コンサルティング事業統括本部
本部長 松井 達朗