コンサルティング事業統括本部
ホーム > 事業紹介 > 最新情報 >最新情報詳細

最新情報

What's New

2016年2月9日

KCCSマネジメントコンサルティング株式会社
代表取締役社長 黒瀬 善仁

新入社員を受け入れる心構えと正しい育て方を身に付ける
「新入社員受入責任者合同研修」を初開催
-新入社員のタイプを理解し、正しい指導・教育ができる受入責任者を教育する-

 KCCSマネジメントコンサルティング株式会社(本社所在地:東京都港区 代表取締役社長 黒瀬 善仁 TEL代表 03-5765-1537 以下KCMC)は、新入社員を受け入れる心構えと正しい育て方を身に付ける「新入社員受入責任者合同研修」を初開催いたします。

 厚生労働省の発表によると、新規学卒就職者のうち、大卒では、就職して3年以内に約30%※の就職者が離職しています。時間と経費をかけて採用した新入社員がすぐに退職してしまうという課題を抱えている企業様は多く、このような課題解決へのご要望にお応えするため、この度「新入社員受入責任者合同研修」を開催します。

 本研修は、「新入社員の成長を決めるのは受入責任者の育成能力である」という当社の見解から、新入社員の受入責任者や採用・教育担当者の方々を対象としています。講義やグループディスカッションを通して、育ってきた環境や時代背景によって受入責任者と大きく異なる新入社員の特徴やタイプを理解し、各人のタイプに合わせた指導・教育法を学べます。

 また、時間の使い方や計画の立て方、仕事に対する考え方や報告・連絡・相談の仕方など、新入社員に習得させなければならないスキルや、新入社員と受入責任者の相互理解を深めるコミュニケーションの方法、内定から配属後までの期間中、どのタイミングで何を伝えるべきかなどの指導・教育内容についても学ぶことができます。

 KCMCでは「新入社員受入責任者合同研修」を3年以内に年間100人規模のセミナーへと拡大し、アメーバ経営導入企業様を中心に受入責任者の育成支援を行っていく予定です。


名称 新入社員受入責任者合同研修
カリキュラム リーダーの資質とは
リーダーとしての大切な考え方とは
新入社員の教育は内定段階からはじまる
新入社員にまず教えるべきことは
新入社員に身に付けさせたい習慣とは
新入社員とコミュニケーションを図るために
新入社員はどんなことを叱られているのか
毎年変わる新入社員のタイプ
新入社員研修の狙いとポイント
新入社員を受け入れての悩みとその解決策  など
日程 2016年02月26日(金)~27日(土)
2016年02月28日(日)~29日(月)
価格 100,000円 / 人(税別)

※厚生労働省発表、『新規学卒者の離職状況に関する資料一覧』中、「新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移」より。

*サービスの内容は予告なく変更させていただく場合があります。
*「アメーバ経営」に関する権利は京セラ株式会社に帰属します。
*製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。



お問い合わせ先
【読者からのお問い合わせ】
KCCSマネジメントコンサルティング株式会社
〒600-8008京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町22(三光ビル内)
本社 東日本営業部   icon_tel.gif03-5765-1537(代表) 
支社 西日本営業部   icon_tel.gif075-213-7308(代表)
URL:http://www.kcmc.co.jp/
 
【報道機関からのお問い合わせ】
KCCSマネジメントコンサルティング株式会社
〒108-0073東京都港区三田3-13-16(三田43MTビル 14F)
本社 経営企画室 広報宣伝部 広報宣伝課 担当:八代・鈴木・恵良 icon_tel.gif03-5765-1537(代表)
icon_mail.gifE-mail:kcmc-information@kccs.co.jp     URL:http://www.kcmc.co.jp/