コンサルティング事業統括本部
ホーム > 事業紹介 > 最新情報 >最新情報詳細

最新情報

What's New

2015年3月12日
京セラコミュニケーションシステム株式会社

「第7回アメーバ経営倶楽部 プレミアムセミナー」をウェスティン都ホテル京都にて開催

KCCSマネジメントコンサルティング株式会社(本社:東京 代表取締役社長 浅田 英治 以下KCMC)は、2015年2月27日(金)、ウェスティン都ホテル京都(京都府京都市)にて第7回アメーバ経営倶楽部 プレミアムセミナーを「営業主導の経営-アメーバ経営における営業部門の重要性-」をテーマに開催いたしました。


第1部では、弊社 代表取締役会長 森田 直行より「営業主導の経営-アメーバ経営における営業部門の重要性-」と題し、講演を行いました。森田は、営業主導による幹部ミーティングがどのような効果をもたらすのかなどについて京セラ、KCCS、KCMEなどの事例をもとに紹介。また、営業の受注によって製造の能力を伸ばすことの重要性や、管理部門が在庫削減において果たす役割などについて解説しました。「営業は、義理と人情とお賽銭」という言葉で、アメーバ経営において営業に期待される役割をご紹介しました。出席された皆様は、大変熱心にメモを取りながら聴講されていました。
第2部では、京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS) 取締役 営業統括本部 副統括本部長 黒崎 賢一より、「京セラで必要とされる営業の役割」と題し、講演いたしました。配属された京セラの営業部門において、京セラフィロソフィとともに営業マンに必要とされる、会社を見る目を学んだ経験を、取引先の与信管理の例を挙げて説明。KCCS設立後、営業での経験が新規事業立ち上げ時の与信管理に役立った経緯を述べるとともに、取引先登録のスピードアップに役立った例を挙げ、アメーバ経営は営業活動において柔軟な経営システムである持論を解説しました。最後に営業部門のリーダーとして取り組んだ人材教育について紹介しました。

第1部、第2部ともに講演後の質疑応答において参加者の皆様からご質問が相次ぎ、アメーバ経営の「営業」というテーマに対しての高い関心が伺えました。プレミアムセミナーでは過去最高となる約80名のお客様にご来場いただき、大変盛況の内に開催することができました。

【画像】

弊社代表取締役社長 浅田より
開会のご挨拶

【画像】

アメーバ経営における「営業」の役割について、高い関心を持っていただきました。

【画像】

懇親会ではお客様よりごあいさつをいただきました。

 


お問い合わせ先
KCCSマネジメントコンサルティング株式会社
広報宣伝課 : 電話番号 03-5765-1537
Eメールアドレス kcmc-information@kccs.co.jp