コンサルティング事業統括本部
ホーム > 事業紹介 > 最新情報 >最新情報詳細

最新情報

What's New

2012年6月19日
京セラコミュニケーションシステム株式会社

「第2回 アメーバ経営学術研究会シンポジウム」を開催

アメーバ経営学術研究会(委員長 神戸大学名誉教授 谷 武幸)は、5月26日、神戸大学(神戸市灘区)において第2回 アメーバ経営学術研究会シンポジウム「アメーバ経営を導入する」を開催しました。

アメーバ経営学術研究会は、一橋大学、神戸大学、京都大学の経営学・会計学の研究者を中心に、アメーバ経営を学術的に研究するとともに、その研究成果を学界・実務会の双方に公開し、世界におけるアメーバ経営の認識を高めることを目的に発足しました。
今回のシンポジウムは、アメーバ経営学術研究会による第2回目のシンポジウムとして、今年創立110周年を迎える神戸大学および神戸大学経営学研究科と提携し、産学の情報相互受発信、経営教育・研究に携わるNPO法人「現代経営研究所」との共催により開催しました。

当日は弊社代表取締役会長 森田 直行による特別講演、神戸大学大学院教授 三矢 裕氏、弊社経営コンサルタント 松永 一博、大阪府立大学教授 窪田 祐一氏による報告が行われたほか、一橋大学大学院教授 挽 文子氏がコーディネータをつとめたパネルディスカッションでは、さまざまな角度からアメーバ経営導入における成功の秘訣や注意点などについて積極的な意見が交わされ、白熱したシンポジウムとなりました。

講演の様子

講演の様子




<シンポジウム発表内容>
■特別講演
  「アメーバ経営と経営改革
  ~病院と航空会社の変革について~」
  森田 直行(KCCSマネジメントコンサルティング株式会社 代表取締役会長)
■問題提起
  「経営システムの導入が意味するもの」
  三矢 裕氏(神戸大学大学院経営学研究科教授)
■報告①
  「京セラミタ㈱での導入:コンサルタントとしての視点」
  松永 一博(KCCSマネジメントコンサルティング株式会社
  経営システム第1事業部 東京コンサルティング部長)
■報告②
  「京セラミタ㈱での導入:研究者としての視点」
  窪田 祐一氏 (大阪府立大学大学院経済学研究科教授)
■討論会(パネルディスカッション)
  「アメーバ経営を導入する」

    【コーディネータ】
    挽 文子氏(一橋大学大学院商学研究科教授)

    【パネリスト】
    上総 康行氏(京都大学名誉教授)
    窪田 祐一氏(大阪府立大学大学院経済学研究科教授)
    谷 武幸氏(神戸大学名誉教授)
    松永 一博(KCCSマネジメントコンサルティング株式会社
    経営システム第1事業部 東京コンサルティング部長)
    三矢 裕氏(神戸大学大学院経営学研究科教授)


【画像①】

シンポジウム会場:神戸大学


【画像②】

パネルディスカッション:
日本を代表する経営学・会計学の研究者の方々が対応されました。

image アメーバ経営学術研究会の詳細はこちら

お問い合わせ先
【読者からのお問い合わせ】

KCCSマネジメントコンサルティング株式会社
〒600-8008 京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町22(三光ビル内)
本社: 電話番号 03-5765-1537(代表) FAX:03-5765-1563
支社: 電話番号 075-213-7308(直通) FAX:075-255-4351