教育・研修
ホーム > 教育・研修 > アメーバ経営研究会

アメーバ経営研究会

Amoeba Management Training Session

アメーバ経営実践、浸透に向けて人財育成を支援する
「アメーバ経営研究会」とは

アメーバ経営は約700社の企業に導入され、多種多様な業種業態の企業の成長発展を支える経営システムとしてご活用いただいております。
アメーバ経営の実践による企業の永続的な発展のために、部門を率いるリーダーの育成と、全社を支える仕組みを強化する人財の育成を目的とした「アメーバ経営研究会」。
開講以来、これまでに約220社約1,450名(2016年12月現在)の皆様が受講。長期的な企業の成長発展のための人財育成にお役立ていただいております。
アメーバ経営研究会には、多様な業種・業態の皆様が参画され、アメーバ経営で企業や部門を向上させることを共通のテーマに、経営幹部や部門リーダーとしての学びの場としてはもちろん、新たな事業展開に向けての機会づくりや互いに良い刺激を与え合う場として、これからも進化を続けてまいります。

[写真]:研究会の様子1[写真]:研究会の様子2

「アメーバ経営研究会」カリキュラム

研究会全体図

アメーバ経営研究会の特長

1.自身の課題点の明確化と解決へのヒントをつかむ

●開催前に各テーマにおける「事前課題シート」を作成。ご自身の課題を整理した上で当日に臨んでいただきます。

●講義や事例研究を通して、あるべき姿や目指すべき姿をイメージし、課題解決に向けたヒントをつかんでいただきます。

2.アメーバ経営を共通テーマに、実践企業同士の真剣な他流試合の場

●アメーバ経営を共通テーマに、組織や部門運営における悩みや課題を話し合い、互いの実践例から学び合うことで、よき刺激を与え合うと同時に、視野を広げリーダー力の向上を促進します。

3.実践行動を促し、成果へつなげる

●毎回、受講後に「決意表明シート」に明日から実践する事項を具体的に掲げ、実践行動につなげていただきます。

●決意表明事項の実践状況とアクションプランの立案、およびそれらに対する成果発表の場を設け、自職場によき影響を与える実践思考の人財(リーダー)を育成します。

研究会の流れ


開催日程はこちら