経営コンサルティング
ホーム > 経営コンサルティング > メディアコンサルティング

メディアコンサルティング

Media Consulting

企業からお客様に、経営者から従業員に。
伝えるべきことは何か? どう伝えるのか?

アメーバ経営の視点から生まれた2つのメソッドを駆使して、あなたの会社がどうメディア力を活用すればいいのか?
その具体策を見出し、メソッド実践をご支援いたします。アメーバ経営の真髄を具体論に落とし込んだ2つのプログラム導入をご検討ください。

経営哲学メディア化プログラム

  • 後継者として、創業者の精神を語り継いでいきたい
  • 経営トップの言葉を社員教育活用したい

経営哲学メディア化プログラムとは何か? 何が変わるのか?

組織運営の要は「人」です。社員一人ひとりがどのようなマインドで仕事に取り組むのか、いかにして正しい判断を下し、的確な行動をとるか。「人」の意識、判断、行動が組織の優劣を決めます。
KCCSでは、稲盛和夫氏の経営哲学「京セラフィロソフィ」浸透の手法をベースに、経営哲学メディア化のご支援をいたします。インタビューに基づいて経営哲学を明文化し、書籍・手帳やカード、ビデオなど多様なメディア化を通じて浸透をサポートしてまいります。

◆ビデオ制作プログラム

経営者自身が肉声で語る社是や経営理念、成長を支える様々な取り組みなどをビデオ教材として制作します。社員研修や会社説明会など様々なシーンでご活用いただけます。


広報宣伝コンサルティング

  • アメーバ経営の実践に適した人財の採用
  • ホームページを通じての引き合い、受注の獲得
  • ホームページを通じ、自社の強み新サービスをスピーディーに発信

広報宣伝コンサルティングとは何か? 何が変わるのか?

広報宣伝とは企業の信頼度を高めエンドユーザーの支持を得るために行う重要な活動です。具体的にはマスコミを通じてのイメージの向上、情報管理、最新企業情報の開示、リスク管理などを行います。良い意味で企業がマスコミに取り上げられるための活動が広報宣伝であり、広告媒体によって商品特徴を説明し、広めるのが宣伝活動です。
KCCS では、広報宣伝に求められる資質であります、企画力、ディレクション力をベースに企業として必要とされる広報宣伝の基盤づくりを支援します。


◆ホームページ制作・メンテナンス

広報PR の上手な企業は、ホームページの活用も得意です。どこに何の情報を載せるのか?どんな表現を採用するのか?経費を抑えながらも、広報PR 活動の基盤となる、有効なホームページを構築します。また、ホームページのメンテナンスに関しても、迅速で効率的な運営方法でサポートします。


◆ロゴ・CI 制作

ブランディングを長期間にわたって支えるのはロゴとCI です。ロゴは単なるマークではありません。企業の経営理念を伝えて、お客様からの信頼をいただき、競争相手との差別化で優位に立つための戦略的なデザインワークが不可欠です。また、ロゴの使用ルールや運用の実際についても支援します。


◆カタログ制作

しっかりしたパンフレットや小冊子は、企業のプレステージを高める重要なツールです。
また、企業の商品やサービスがお客様によく理解され、実際の購入に結びつけられるかどうかは、マーケティング手法の確かな適用が決め手となります。よく読まれ、理解しやすく、企業イメージをより良く伝える印刷物の制作を行います。


◆メディア対応支援

どんな情報発信をすれば、様々な媒体にニュースとして取り上げられ話題になるのか?
タイミング、文章の作り方、媒体との関係性維持など、そこには守るべきセオリーとルールがあります。時に広告宣伝よりも大きな影響力をもつ、ニュースリリース活用のノウハウを実践するために、継続的にサポートします。


広報宣伝コンサルティング導入事例

医療法人様から業界内でも重要性が高まっている広報部門の立ち上げにあたり、広報担当の職務内容について指導してほしいとのご要望をいただきました。
弊社ではこのご要望に基づき広報指導、ホームページ制作、CI ロゴの策定、パンフレット制作など、広報宣伝業務を全般的にバックアップしています。