導入事例・コラム・レポート
ホーム > 導入事例・コラム・レポート > セミナーレポート・コラム > VSCコース導入企業様体験談『我が社のアメーバ経営』株式会社オクスト 様

VSCコース導入企業様体験談『我が社のアメーバ経営』株式会社オクスト 様

Seminar Report / Column

アメーバ経営の導入で
リーダーの意識改革が起きる

株式会社オクスト 代表取締役 小川 浩由 様【画像】
株式会社オクスト
代表取締役
小川 浩由 様

アメーバ経営を導入することで、社内にどのような変化があったのかというと、一番には「リーダーの意識改革」が起きていると感じています。まだ私の求めているところから完全ではありませんが、部長クラスが非常に変わってきていると感じています。右腕と呼ばれるような存在に本当に近づいてきていると思います。また、自分がやらなくてはいけないという責任感が芽生えているように思います。たしかにリーダーには負荷かがかかりますが、それ以上に頑張ろうという気持ちになってくれています。



photo photo

「売上最大、経費最小」の意識は誰にでもあると思います。ただ、どこかで「自分の仕事をやりさえすればそれでいい」という考えが蔓延してしまうことがあります。アメーバ経営を行なうことで、役割責任が明確になりごまかしがきかなくなりました。「請求書を出しているのに、入金が入ってきていない」とか、「家賃を滞納しているお客様がいれば、いつまでに振り込んでもらうのか」を担当者レベルで問題視するようになり、メンバーの動きも非常によくなってきました。みんなで盛り上げていこうとコミュニケーションを取って、人との関わりを持とうといつも話をするようになってきました。たとえば我々は商品(賃貸の部屋)に魅力がなければ、誰も当社から借りようとは思ってもらえません。だから工事を入れてリノベーションをしていこうとか、オーナー様のところに行って話をしてこようとか、違う部門同士で積極的に情報交換をしていこうと今では取り組んでいます。

 アメーバの取り組みを推進していくと、前向きな社員と少し後ろ向きな社員がはっきりと見えてくるようになりました。前向きな社員はもっと伸ばしてあげたいと思いますし、良い意味で後ろ向きな社員についてはどうにか分かってもらうと一生懸命語ったり、会社の未来の話をしたり、このままではいけないという話をしています。社員同士でも「みんなでやろうよ」という感じでメンバー間で話し合いもしています。一致団結という意味ではまだまだだと思いますが、全員参加の経営を目指して取り組んでいます。私の意識が隅々までメンバーにも伝播して、社員がやらなくてはと思ってもらえてきているように思います。

 最後にまとめになりますが、「夢」と「希望」というものが人間として必要だと考えています。社員の皆さんと一致団結して、けしてトップダウンではなくてボトムアップで社員と一緒に経営をしていきたいと考えています。経営理念を実現させて、会社を発展させて高収益企業になることが私の目標です。自分たちの会社のどこが悪いのかをしっかりと突き詰めていかないと、会社も発展していきませんし、社員の給料も上げてあげることができません。社員の皆が当社に所属していることに対してプライドを持ってもらいたいと思っています。会社が高収益であることは絶対だと思います。社員の給料を上げてあげることはもちろんですが、社員の休みも作ってあげたいと思います。そうでなければ今後、良い人材も入ってこないと思っています。今の不動産業界は、正直申し上げて今後どうなっていくのかわからないことがたくさんあります。だからこそ高収益でなくてはいけないと考えています。いきあたりばったりの経営ではなくて、私と同じ考えをもった分身を作っていきたいと考えています。やはりリーダーを育てて、経営者と同じ心を分かち合えるような社員を増やしていきたいと思います。従業員が誇ることができるような立派な会社にしたいと思います。また同時にVSCコースではフィロソフィも一緒に学ばせてもらっています。これからは、アメーバ経営と一緒に全社員でフィロソフィも学んでいこうと思っています。


※部署・役職などは掲載当時のものであり、現在のものとは異なる場合があります