導入事例・コラム・レポート
ホーム > 導入事例・コラム・レポート > メルマガ「KCCSコンサルティングニュースレター」 > "KCCSコンサルティングニュースレター" Vol.3 2016/5/26

「KCCSコンサルティングニュースレター」 Vol.3

"KCCS Consulting NEWS Letter"
 K┃C┃C┃S┃コ┃ン┃サ┃ル┃テ┃ィ┃ン┃グ┃ニ┃ュ┃―┃ス┃レ┃タ┃ー┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
 永続的な成長・発展を目指す経営者のためのメールマガジン Vol.3 2016/5/26号

    -弊社サービスにお申し込み、セミナーにご参加、資料請求された方
     アメーバ経営オンラインショッピング(AMOS)に会員登録された方
       アメーバ経営倶楽部会員様にお届けするメールマガジン-
──────────────────────────────────────

  このたびの熊本地震により被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます
      とともに、被災地の一日も早い復興を心より祈念いたします。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【1】巻頭コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  京セラコミュニケーションシステム株式会社
                        コンサルティング事業統括本部
                       人財育成支援事業部長 竹松 健治

 誰しも「よい仕事をしたい」と想いながら仕事をしているでしょう。では、「よい
仕事とは、どのような仕事ですか」と聞かれたとき、どのような答えが返ってくるで
しょうか。多くの方は、「お客様に喜んでいただける仕事」だとか、「儲かる仕事」
だと答えられるでしょう。しかし私共は、まず「その仕事をやっている本人がよい仕
事だと想っている仕事」だと考えています。

 なぜならば、仕事に取り組む本人の心境が仕事の出来栄えに大きく影響するからで
す。そこで、何のために、誰のために、何をめざして仕事をしているかが重要になり
ます。

 その「何のために」の答えとして「経営理念の実現に向けて」と答えられる人が多
い会社では、経営理念が浸透していると言えます。また、「誰のために」と聞かれた
とき、つい「自分のため」という人はいないでしょうか。どのような仕事にも後工程
があります。その後工程をお客様だと想い、お客様のために仕事をしていると自覚さ
れているでしょうか。更に、「いつまでに」「どこまで仕事をやる」と具体的な期限
や定量的な目標を掲げて取り組んでいるでしょうか。

 その目標設定と、仕事への取り組み姿勢とは大いに関わりをもっています。なぜな
らば、「人間は目標以上の努力をしないから」です。そこで、いつまでという期限を
「今日中」「今週中」「できるだけ早く」などと、みんな言っていないでしょうか。
もし、「何月何日何時まで」と決めれば、時間を意識した仕事をするでしょう。その
期限の設定がいかに明確であるかによって、「時感力」が変わります。更に、定量的
な目標と言われたとき、「何個」「何枚」「何トン」という単位の目標を設定されて
いませんか。経営数字は、「金額」で表現してこそ、採算意識が芽生えます。それは、
時間を含めて金額換算するという意味です。もし、不良によりロス時間を発生させて
しまった場合、平均賃率からロス金額を算出して、事の重大性を訴えるということを
普段からされている部門は、高採算になります。つまり、部門のリーダーが普段から
メンバーにどのような呼びかけをされているかで、メンバーの意識・行動・成果が変
わってくるものです。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【2】今月のトピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■     「目先の利益ではなく、利他の心を判断基準にする」     ■
 ■    サンフロンティア不動産株式会社様での教育制度をご紹介    ■

   サンフロンティア不動産株式会社様における社員教育制度についての紹介
  ページを公開しました。同社での社員の能力開発を支える研修制度や、各役
  職の受講対象となっている研修についてご紹介しています。

  ▼「サンフロンティア不動産株式会社様での導入事例」に関する詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/case_colum_report/case/case_2016_051902.html

…………………………………………………………………………………………………
 ■         2度の危機を救ったアメーバ経営         ■
 ■      アクテック株式会社様における導入事例を公開      ■

   アクテック株式会社様におけるアメーバ経営での経営改善の取り組みにつ
  いての紹介ページを公開しました。同社における日々の改善の取り組みやア
  メーバ経営が社員へもたらす効果についてご紹介しています。

  ▼「アクテック株式会社様における導入事例」に関する詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/case_colum_report/case/case_2016_0519.html

…………………………………………………………………………………………………
 ■        弊社人財育成支援事業部長竹松による        ■
 ■  「『人材』を『人財』に変えるためのリーダー養成講座」連載開始 ■

   月刊総務オンライン様において弊社 人財育成支援事業部長 竹松による
  「『人材』を『人財』に変えるためのリーダー養成講座」と題した連載が
  開始しました。従来の「研修」「コミュニケーション」は正しいのか?と
  いった視点で、紹介しています。

  ▼「『人材』を『人財』に変えるためのリーダー養成講座」に関する詳細は
   こちら
   http://amc.kccs.co.jp/case_colum_report/report/index.html

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【3】日本で唯一 アメーバ経営を学術的に研究する学会
      ~アメーバ経営学術研究会~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■         会計の専門誌「企業会計」において         ■
 ■        アメーバ経営学術研究会 潮氏が寄稿        ■

   会計の専門誌「企業会計」に、アメーバ経営学術研究会の潮清孝氏(中央
  大学准教授)が寄稿されました。2016年5月号、6月号の2回連続掲載です。
  いずれもアメーバ経営に言及しております。

  ▼「アメーバ経営学術研究会 潮氏が『企業会計』に寄稿」に関する
    詳細はこちら
   http://www.am-ac.org/publication/index.html#book40

  ▼アメーバ経営学術研究会に関する詳細はこちら
   http://www.am-ac.org/index.html

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【4】イベント・セミナー情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 今注目の経営管理システム「アメーバ経営」を実践的に理解できる ■
  ■        経営者・経営幹部向けの積極参加型セミナー     ■
  ■          京セラアメーバ経営ゼミナール         ■

 ◆第56期◆
   開催日:2016年7月9日(土)~9月17日(土) 全6回(月2回開催)
     ※オプション講座:9月18日(日)
  会 場:京セラコミュニケーションシステム株式会社 京都烏丸事業所
     (京都府京都市)

 ◆第57期◆
  開催日:2016年10月7日(金)~12月17日(土) 全6回(月2回開催)
  会 場:京セラコミュニケーションシステム株式会社 東京支社
     (東京都港区)

   「経営管理の機能を確立し、自社の経営状態を正しく把握したい」「組織
  を活性化し、企業体質を強めたい」「アメーバ経営を自社にも取り入れ、経
  営変革につなげたい」とお考えの意欲溢れる経営者、経営幹部の皆様におす
  すめのカリキュラムです。

  ▼京セラアメーバ経営ゼミナールの詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/index.html#seminar_2

…………………………………………………………………………………………………
 ■         活気溢れる職場はリーダーが違う!        ■
 ■    20年間で3万人が受講 リーダーパワーアップ合同研修     ■
 ■             好評受付中です!            ■

   「部門経営を推進するリーダーに求められるものは何か?」「自ら活気
  溢れるリーダーとなれているか?」リーダーの考え方や取り組み次第で職
  場は大きく変わります。
   この研修は職場を活性化させるリーダーに必要な考え方や実践方法、業
  種・業界を問わない不変のリーダーシップについて学びます。熱意溢れる
  講師陣が、本来人がもっている積極性を最大限に引き出します。

  ◆関西会場◆
   開催日:2016年6月17日(金)~18日(土)
   会 場:ホテルラフォーレ琵琶湖 (滋賀県守山市)

  ◆関東会場◆
   開催日:2016年7月1日(金)~2日(土)
   会 場:ホテルKSP (神奈川県川崎市)

  ▼リーダーパワーアップ合同研修_紹介動画についてはこちら
  (※動画が自動再生されますので音量にご注意ください。)
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/movie/seminar_lpu.html

  ▼リーダーパワーアップ合同研修の開催日程についてはこちら
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/powerup/detail.html

…………………………………………………………………………………………………
 ■       仕事を通してよりよき人生を歩みたい人へ      ■
 ■   意識と行動を変え成果を上げる!社員パワーアップ合同研修  ■

   職場を活性化させるリーダーの育成を目的にしたリーダーパワーアップ
  合同研修。この研修を受講された多くの企業様より「一般社員向けの研修
  を開催してほしい!」というご要望をいただき、一般社員向け研修、社員
  パワーアップ合同研修が誕生しました。
   この研修では、個人の仕事のやり方や考え方に重点を置き、組織の一員
  として成果を上げるために必要な考え方と実践方法を学びます。また、自
  己実現に向けた仕事への取り組み方や意義も考え、仕事そのものへの理解
  を深めるともに、モチベーションアップを図ります。

  ◆関西会場◆
   開催日:2016年7月29日(金)~7月30日(土)
   会 場:ホテルラフォーレ琵琶湖 (滋賀県守山市)

  ▼社員パワーアップ合同研修_紹介動画についてはこちら
  (※動画が自動再生されますので音量にご注意ください。)
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/movie/powerup2.html

  ▼社員パワーアップ合同研修の開催日程についてはこちら
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/powerup2/detail.html

…………………………………………………………………………………………………
  ■       部下の能力を最大限に引き出しているか?      ■
  ■      マネジメントの方法を学び「対話力」を鍛える     ■
  ■        マネジメントスキルアップ合同研修        ■

   マネジメントの方法を学び「対話力」を鍛える「マネジメントスキル
  アップ研修」。この研修では、グループ毎に課題を設定し、その課題解
  決に向けて、リーダーと部下の対話形式のロールプレイングを行います。
   ロールプレイングの様子は動画で撮影され、ロールプレイングの後に
  動画で振り返りながら、講師よりフィードバックが行われます。
   この研修では、一人ひとりの能力を最大限に引き出し、全員参加の経
  営を実現するリーダーを育成致します。

  ◆関西会場◆
   開催日:2016年6月24日(金)~25日(土)
   会 場:ホテルラフォーレ琵琶湖 (滋賀県守山市)

  ◆関東会場◆
   開催日:2016年7月10日(日)~11日(月)
   会 場:ホテルKSP (神奈川県川崎市)

  ▼マネジメントスキルアップ合同研修についての詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/m_skill/detail.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【5】"アメーバ経営"を学ぶ方必見 クレジット決済対応のECサイト
      アメーバ経営オンラインショッピング(AMOS)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TOP1■稲盛和夫経営講話全集2「経営者の心得」
      稲盛は、組織におけるリーダーの役割を大変重視してきました。
      人心を掌握するためのリーダーシップについて、またトップとして
      持つべき経営観について語ります。京セラ創業者 稲盛和夫が講演で
      語ってきた自らの経営哲学・人生哲学をテーマ別にパック化したシ
      リーズ第2弾です。
      http://amoeba-shopping.jp/category/CD/NCDS0021.html

■TOP2■稲盛和夫経営講話全集7「京セラフィロソフィ1」
      稲盛は京セラの経営に全身全霊を傾ける中で、従業員と考え方・哲
      学を共有することを最も大切にしてきました。
      京セラフィロソフィは、稲盛の哲学を78項目にまとめたもので、本
      シリーズはその真髄を稲盛が1項目ずつ紐解く3部作の第1作目です。
      http://amoeba-shopping.jp/category/CD/NCDS0071.html

■TOP3■稲盛和夫経営講話全集1「経営とこころ」
      京セラ創業者 稲盛和夫が講演で語ってきた自らの経営哲学・人生哲
      学をテーマ別にパック化したシリーズ第1弾です。幸せな人生も豊か
      な企業経営も、すべてその人の心がつくり出す。人生も事業も、心の
      反映であると説き、「心を高める」方法を語ります。
      http://amoeba-shopping.jp/category/CD/NCDS0011.html
                 
                  ※ランキングは2016年4月時点のものです。

…………………………………………………………………………………………………
     アメーバ経営の学びの一助として本コラムを是非ご一読下さい。

         □     コラム-アメーバ経営-     □

  ▼「管理部門の課題解決のヒントを掴む(1)管理会計と財務会計を連動させるには」
   http://amoeba-shopping.jp/ext/column/2016/201605.html

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【6】社員の力を引き出す教育研修プログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   京セラでは、一人ひとりのベクトルを合わせることが企業発展への道であ
  ると考え、創業以来、社員一人ひとりの能力が発揮できるような職場づくり
  を心掛けて参りました。こうした考え方に基づき、新入社員から役員幹部に
  至るまでの各階層別に個人の持つ力が発揮できるように導くさまざまな教育
  研修プログラムをご用意しています。若手社員から経営者の方までを対象に
  したトータルな人材の育成を支援します。

  <若手・中堅社員向け教育研修>
   ◆新入社員合同研修
   ◆社員パワーアップ合同研修
   ◆リーダーパワーアップ合同研修
   ◆入社一年次合同研修

  <部・課長向け教育研修>
   ◆アメーバ経営研究会
    ―リーダーコース
    ―管理部門コース
 
   ◆マネジメントスキルアップ研修
 
   ◆アメーバ経営ゼミナール

  <経営者・役員幹部向け教育研修>
   ◆アメーバ経営研究会
    ―役員幹部コース
 
   ▼教育研修プログラムに関するお問い合わせはこちら
    http://amc.kccs.co.jp/education/index.html

───────────────────────────────────── 

   ◆最後までお読み頂きありがとうございました◆

─────────────────────────────────────
 本メールは、京セラコミュニケーションシステム株式会社コンサルティング事業
 統括本部に対し、製品の申し込みや資料請求をいただいた方、およびイベントや
 セミナー、その他営業などでご面談いただいた皆様へお送りしております。
─────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 次号『KCCSコンサルティングニュースレター』の配信は、
 2016年6月下旬を予定しています。

 *バックナンバーはこちらでご覧いただけます*
  http://amc.kccs.co.jp/case_colum_report/mailmagazine/
 *メルマガ配信のお申し込みはこちら*
  https://amc.kccs.co.jp/contact/synergy_mailmagazine/index.php
 *KCCS は京セラコミュニケーションシステム(株)の略称です*
**――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 個人情報の取り扱いに関する弊社の考え方につきましては、
 当社Webサイトの以下のページをご覧ください。
 -->http://www.kccs.co.jp/policy/privacy.html
**――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 登録内容変更・ 配信停止・お問い合わせはこちらへ
 --> amc-information@kccs.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:京セラコミュニケーションシステム株式会社 
     コンサルティング事業統括本部 
 〒108-0073 東京都港区三田 3-13-16(三田43MTビル 14F)
 Tel 03-5765-1537(代表) Fax 03-5765-1563
 URL http://amc.kccs.co.jp/
 (C)KYOCERA Communication Systems Co., Ltd. All rights reserved.