導入事例・コラム・レポート
ホーム > 導入事例・コラム・レポート > メルマガ「KCCSコンサルティングニュースレター」 > "KCCSコンサルティングニュースレター" Vol.2 2016/4/26

「KCCSコンサルティングニュースレター」 Vol.2

"KCCS Consulting NEWS Letter"
K┃C┃C┃S┃コ┃ン┃サ┃ル┃テ┃ィ┃ン┃グ┃ニ┃ュ┃―┃ス┃レ┃タ┃ー┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
 永続的な成長・発展を目指す経営者のためのメールマガジン Vol.2 2016/4/26号

   -弊社サービスにお申し込み、セミナーにご参加、資料請求された方
    アメーバ経営オンラインショッピング(AMOS)に会員登録された方
       アメーバ経営倶楽部会員様にお届けするメールマガジン-
──────────────────────────────────────

  このたびの熊本地震により被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます
      とともに、被災地の一日も早い復興を心より祈念いたします。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【1】巻頭コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  京セラコミュニケーションシステム株式会社
                        コンサルティング事業統括本部
                     システムコンサルタント  山田 篤 

 世の中を騒がせた2000年問題から16年が経過しました。当時、基幹システムの見
直しを実施された企業様では、システムの老朽化が進み、システムの見直しを検討さ
れている企業様もおられることと思います。今回は、基幹システムを構築する上で大
切なことを考えてみたいと思います。
 
 基幹システムに求められる要件として、「ユーザビリティや機能の強化」、「業務
の効率化」、「ビジネス拡大に伴う機能強化」など『使い勝手の向上』を目的とした
ものをよくお伺いします。もちろん業務の効率化は大切なことですが、これら使い勝
手の向上を設計思想のスキームとすると、「使い勝手、オペレーション効率といった
現場の要件を満たすこと」に重きをおいた基幹システムとなることがあります。この
結果として、「会社を運営していくうえで必要な経営情報」が把握できない、もしく
は把握しにくい基幹システムになってしまうと問題です。

 日本航空様の再建においては、情報システムの一部として、ERP(統合基幹情報シ
ステム)「The Amoeba」を活用いただき、1便ごとの収支管理の把握とフライト翌
日における路線収支の算出が可能となりました。
 このように、使い勝手とともに必要な経営情報の把握という観点から、私達が考え
るアメーバ経営が基幹システムに求める要件は以下の通りです。

1.タイムリーな実績把握と現場へのフィードバック 
  日々処理される各種の実績(稼ぎ、経費、時間)がタイムリーにフィードバック
  (実績日報など)されるシステム。 
2.管理会計と財務会計の整合性 
  管理会計の情報は経営トップにとって会社経営を進めていくうえで信用に足るも
  のであるべく、採算表は財務会計との整合性を常に保たれているシステム。
3.実績・残高の管理による一貫性をもった情報管理 
  企業として健全経営を推進していく上では常に基幹システムから提供される経営
  情報が正しい状態で管理されていることが保証されているシステム。
4.ダブルチェック・1対1対応の原則に則ったオペレーション
  日々の業務の中でダブルチェックや1対1対応の原則の考え方が実践されるような
  オペレーションを支援するシステム。
5.変化に柔軟であること  
  市場の変化に合わせて、経営戦略を反映した組織編制の変更に柔軟に対応できる
  システム。

 つまり、「会社の経営判断に必要な経営情報がタイムリーかつ正確に把握できるこ
と」が最も大切な要件なのです。

 基幹システム構築にあたり特に留意していただきたいことは、「経営トップのシス
テム導入への関与」です。基幹システムを構築していく中で現場の要求、意見を要件
に取り込むことが多く見受けられます。そのような場合、往々にして、当初の基幹シ
ステム構築の目的(正確な経営情報をタイムリーに把握する)から外れる、想定より
工数が多くかかり予算を超える、オーバースペックになって使われない機能が多くあ
る、スケジュール通りにカットオーバーできない、などという事象が発生します。経
営トップが定期的に状況の確認、現場の要求に対する対応方法の判断を行い、このよ
うな事象を回避することが必要です。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【2】今月のトピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■      医療・介護法人向けアメーバ経営セミナー開催      ■

  5月21日、御茶ノ水トライエッジカンファレンス(東京都・千代田区)におい
 て、医療・介護法人向けアメーバ経営セミナーを開催致します。本セミナーでは、
 医療・介護法人におけるアメーバ経営について、導入事例を交えながら弊社コン
 サルタントが講演します。

  ▼「医療・介護法人向けアメーバ経営セミナー」に関する詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/care2/detail.html

…………………………………………………………………………………………………
 【          アメーバ経営倶楽部会員様限定          】
 ■ 「フィロソフィ教育の重要性~意識改革の取り組みについて~」をテーマに ■
 ■        第33回アメーバ経営倶楽部交流会を開催          ■

  この度、2016年6月3日、ヒルトン東京お台場(東京都港区)において第33回
 アメーバ経営倶楽部交流会」を開催いたします。アメーバ経営倶楽部交流会は、
 「アメーバ経営」を学ぶ企業様同士の貴重な情報交換の場として、会員様限定
 の交流会です。
  京セラグループにおける実践例や導入企業様による事例など、「アメーバ経
 営」の実践に役立つセミナープログラムも提供しております。是非ご参加くだ
 さい。

  ▼「第33回アメーバ経営倶楽部交流会ご紹介をご案内」に関する詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/news/2016/20160425.html
   ※本セミナーはアメーバ経営倶楽部会員様のみを対象にご案内させて
    いただいております。

  ▼アメーバ経営倶楽部に関する詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/club/index.html

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【3】日本で唯一 アメーバ経営を学術的に研究する学会
     ~アメーバ経営学術研究会~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■               シンポジウム               ■
 ■「高齢化社会における医療機関の経営と会計のあり方について考える」を開催 ■
 ■  アメーバ経営学術研究会 挽文子氏(一橋大学大学院商学研究科教授)  ■

  2016年3月13日、学術総合センター(東京都千代田区)内 一橋大学商学研究科
 リエゾンラボにて、シンポジウム「高齢化社会における医療機関の経営と会計の
 あり方について考える」が開催されました。
  本シンポジウムは、アメーバ経営学術研究会の挽文子氏(一橋大学大学院商学
 研究科教授)が3年間行ってきた「医療組織における経営管理に関する実証的研
 究」の総括的な役割を果たすものです。

 ※本研究ならびに本シンポジウムは、JSPS科研費25380593の助成を受けています。

  ▼「『高齢化社会における医療機関の経営と会計のあり方について考える』を
     開催」に関する詳細はこちら
   http://www.am-ac.org/announcement/index.html

  ▼アメーバ経営学術研究会に関する詳細はこちら
   http://www.am-ac.org/index.html

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【4】イベント・セミナー情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■ 今注目の経営管理システム「アメーバ経営」を実践的に理解できる  ■
  ■        経営者・経営幹部向けの積極参加型セミナー      ■
  ■          京セラアメーバ経営ゼミナール          ■

 ◆第56期◆
  開催日:2016年7月9日(土)~9月17日(土) 全6回(月2回開催)
     ※オプション講座:9月18日(日)
  会 場:京セラコミュニケーションシステム株式会社 京都烏丸事業所
     (京都府京都市)

 ◆第57期◆
  開催日:2016年10月7日(金)~12月17日(土) 全6回(月2回開催)
  会 場:京セラコミュニケーションシステム株式会社 東京支社
     (東京都港区)

  「経営管理の機能を確立し、自社の経営状態を正しく把握したい」「組織を
 活性化し、企業体質を強めたい」「アメーバ経営を自社にも取り入れ、経営変
 革につなげたい」とお考えの意欲溢れる経営者、経営幹部の皆様におすすめ
 のカリキュラムです。

  ▼京セラアメーバ経営ゼミナールの詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/index.html#seminar_2

…………………………………………………………………………………………………
 ■         活気溢れる職場はリーダーが違う!        ■
 ■    20年間で3万人が受講 リーダーパワーアップ合同研修     ■
 ■             好評受付中です!            ■

  「部門経営を推進するリーダーに求められるものは何か?」「自ら活気溢れ
 るリーダーとなれているか?」リーダーの考え方や取り組み次第で職場は大き
 く変わります。
  この研修は職場を活性化させるリーダーに必要な考え方や実践方法、業種・
 業界を問わない不変のリーダーシップについて学びます。熱意溢れる講師陣が、
 本来人がもっている積極性を最大限に引き出します。

 ◆関西会場◆
  開催日:2016年6月17日(金)~18日(土)
  会 場:ホテルラフォーレ琵琶湖 (滋賀県守山市)

 ◆関東会場◆
  開催日:2016年7月1日(金)~2日(土)
  会 場:ホテルKSP (神奈川県川崎市)

  ▼リーダーパワーアップ合同研修_紹介動画についてはこちら
  (※動画が自動再生されますので音量にご注意ください。)
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/movie/seminar_lpu.html

  ▼リーダーパワーアップ合同研修の開催日程についてはこちら
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/powerup/detail.html

…………………………………………………………………………………………………
  ■       部下の能力を最大限に引き出しているか?      ■
  ■      マネジメントの方法を学び「対話力」を鍛える     ■
  ■        マネジメントスキルアップ合同研修        ■

  マネジメントの方法を学び「対話力」を鍛える「マネジメントスキルアッ
 プ研修」。この研修では、グループ毎に課題を設定し、その課題解決に向け
 て、リーダーと部下の対話形式のロールプレイングを行います。ロールプレ
 イングの様子は動画で撮影され、ロールプレイングの後に動画で振り返りな
 がら、講師よりフィードバックが行われます。
  この研修では、一人ひとりの能力を最大限に引き出し、全員参加の経営を
 実現するリーダーを育成致します。

 ◆関西会場◆
  開催日:2016年6月24日(金)~25日(土)
  会 場:ホテルラフォーレ琵琶湖 (滋賀県守山市)

 ◆関東会場◆
  開催日:2016年7月10日(日)~11日(月)
  会 場:ホテルKSP (神奈川県川崎市)

  ▼マネジメントスキルアップ合同研修についての詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/seminar/m_skill/detail.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【5】"アメーバ経営"を学ぶ方必見 クレジット決済対応のECサイト
アメーバ経営オンラインショッピング(AMOS)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TOP1■アメーバマネジメントダイアリー2016(ポケットタイプ)
      稲盛和夫の経営哲学語録を掲載する唯一のビジネス手帳。
      アメーバ経営を実践する方必須の手帳です。
      ・月次M/P(マスタープラン)・予定・実績を把握できる
      ・京セラ創業者 稲盛和夫の語録を掲載
      ・アメーバ経営の基本的な考え方を掲載
      ※アメーバマネジメントダイアリー2016年の販売は終了いたしました。
        
■TOP2■実践経営講座経営幹部教育編(CD-ROM)
      『稲盛和夫実践経営講座 経営幹部教育編』は、経営者・経営幹部
      向けの教育用教材として、「稲盛和夫経営講話シリーズ」の中から、
      主に「経営の原点12ヶ条」を中心に内容を厳選、再編集し制作した
      ものです。付属の専用テキストと合わせて、稲盛和夫が自らの経験
      に基づいて確立した経営の原点を体系的に学習いただける内容とな
      っています。
      http://amoeba-shopping.jp/category/CDROM/NCDK0011.html

■TOP3■稲盛和夫経営講話全集8「京セラフィロソフィ2」
      稲盛は京セラの経営に全身全霊を傾ける中で、従業員と考え方・哲
      学を共有することを最も大切にしてきました。
      京セラフィロソフィは、稲盛の哲学を78項目にまとめたもので、本
      シリーズはその真髄を稲盛が1項目ずつ紐解く3部作の第2作目です。
      http://amoeba-shopping.jp/category/CD/NCDS0081.html

                 ※ランキングは2016年3月時点のものです。

…………………………………………………………………………………………………
    アメーバ経営の学びの一助として本コラムを是非ご一読下さい。

       □     フィロソフィとアメーバ経営     □

  ▼「信頼関係を築く」
   http://amoeba-shopping.jp/ext/archive.html

  ▼関連するアメーバ経営での実践例
   「活気ある職場づくり」
   http://amoeba-shopping.jp/ext/philosophy/2016/201604.html

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  【6】日本航空様にも導入され奇跡の再建を支えた情報システム
     「The Amoeba(ザ・アメーバ)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  アメーバ経営とともに日本航空様に導入され、奇跡の再建を支えた情報シス
 テム「The Amoeba」。日本航空様では、「The Amoeba」の導入により1便
 ごとの収支管理の把握とフライト翌日における路線収支の算出が可能となりま
 した。
  企業の情報がIT(情報システム)で管理されている現代。「アメーバ経営の
 実践においても、情報システムの役割が重要となっています。 
  「The Amoeba」は、数字を見ていかに経営のアクションをとるべきかを考
 えさせるシステムですので、運用する過程で予定・実績に対する意識が高ま
 ります。
 「アメーバ経営」導入企業様はもちろん、管理会計を行っている企業様におい
 て、タイムリーにKPI(key performance indicator:重要業績評価指標)を
 見るためのBIツールとしてご活用いただけます。

 ■ERP(統合基幹業務システム)の特徴
  1.現場の情報をタイムリーに把握
  2.情報伝達プロセスを明確にし、内部統制を実現
  3.経営情報の一元管理
  4.管理会計と財務会計の連携による月次決算の早期化

  ▼各種情報システムの詳細はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/system/the-amoeba/index.html

  ▼コンサルティング事業本部 副本部長 青木へのインタビュー
  「『The Amoeba』の真価」はこちら
   http://amc.kccs.co.jp/case_colum_report/report/interview/interview_2015_0324.html

  ▼各種情報システムに関するお問い合わせはこちら
   amc-information@kccs.co.jp

───────────────────────────────────── 

        ◆最後までお読み頂きありがとうございました◆

─────────────────────────────────────
 本メールは、京セラコミュニケーションシステム株式会社コンサルティング事
 業統括本部に対し、製品の申し込みや資料請求をいただいた方、およびイベント
 やセミナー、その他営業などでご面談いただいた皆様へお送りしております。
─────────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      次号『KCCSコンサルティングニュースレター』の配信は、
           2016年5月下旬を予定しています。

 *バックナンバーはこちらでご覧いただけます*
  http://amc.kccs.co.jp/case_colum_report/mailmagazine/
 *メルマガ配信のお申し込みはこちら*
  https://amc.kccs.co.jp/contact/synergy_mailmagazine/index.php
 *KCCS は京セラコミュニケーションシステム(株)の略称です*
**――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 個人情報の取り扱いに関する弊社の考え方につきましては、
 当社Webサイトの以下のページをご覧ください。
 -->http://www.kccs.co.jp/policy/privacy.html
**――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 登録内容変更・ 配信停止・お問い合わせはこちらへ
 --> amc-information@kccs.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元:京セラコミュニケーションシステム株式会社 
     コンサルティング事業統括本部 
 〒108-0073 東京都港区三田 3-13-16(三田43MTビル 14F)
 Tel 03-5765-1537(代表) Fax 03-5765-1563
 URL http://amc.kccs.co.jp/
 (C)KYOCERA Communication Systems Co., Ltd. All rights reserved.