導入事例・コラム・レポート
ホーム > 導入事例・コラム・レポート > 導入事例 > 「アメーバ経営コンサルティング・人事コンサルティング」小柳建設株式会社 様

「アメーバ経営コンサルティング・人事コンサルティング」小柳建設株式会社 様

Case Study

「父を助けたい」2つの誓いを決意

小柳建設株式会社 代表取締役社長 小柳 卓蔵 氏【画像】
小柳建設株式会社
代表取締役社長
小柳 卓蔵 氏

 弊社の創業は1945年11月です。創業者の祖父が、「小柳組」として材木業を始めました。その後、建設業へと業態を変えて法人化します。1978年に父が経営を引き継ぎ、カリスマ的な手腕によって、会社は成長の勢いを増していきました。やがて、バブル崩壊のあおりを受け、大きな経営危機を経験しますが、おかげさまで本年創業70周年を迎えることができました。現在は土木・建築・埋蔵文化財調査・スイミングスクールの事業、介護事業をベースに事業展開を行なっています。

 実は、私はもともと後継者ではありませんでした。4人兄弟の三男坊として生まれ、幼い頃からわが道を行くタイプでした。2008年2月、新卒で入社した金融会社に勤めていた私に、「長男が出ていった」と父から連絡がありました。後継者であった長男が、父と大喧嘩して家を飛び出したのです。私は、バブル崩壊時、全国を飛び回り、夜中も神社でお百度を踏むなど、社員を守るために必死で努力していた父の姿を見ていました。電話をもらった時すぐに「父を助けたい」という一心で、「手伝わせてもらえませんか」と申し出ていました。

 こうして、私は小柳建設に入社しました。その時に、自分自身に2つの誓いを立てたのです。1つ目は、「社長には絶対服従」するということです。経営者の子供は、親子関係の甘えから経営トップである親にたて突いたり、時には衝突したり、会社にとって悪影響を及ぼす可能性があると長男の姿を見て感じていました。トップの威厳を保ち、社長に求心力を持たせるために、私なりに考えた末のことでした。2つ目は、「社内の嫌われ者になる」ことです。社員を叱る幹部やリーダーがいないことが父の悩みであり、トップを嫌われ者にしてはならないと考えました。

 当時の私は、技術も知識も経験もありませんでしたから、管理部門の一角となる人事部門の仕事から勉強しました。従業員の名前と顔を一致させることからスタートし、給与計算や採用活動に携わりながら、数ヶ月のうちに管理部門全体を取り仕切るようになりました。

盛和塾での学びを基に経営理念を策定

 こうして、次第に社内が見えるようになると、組織的な欠陥に気がつくようになりました。社長の鶴の一声がなければ従業員は動かず、一人ひとりが考えて仕事ができる環境にはなっていなかったのです。幹部・リーダーの立場に立つ者であってもその自覚を持つ者は多くありませんでした。

 それもそのはずで、弊社には、体系的な人事制度やリーダー研修のようなものはありませんでした。加えて、社長の感覚的な判断によってリーダーへと任命されており、任命後もリーダーへの面談や評価はされておらず、リーダーとしての考え方を知ることなく、その立場を任されていたのです。

 そこで、すべての従業員が自ら考えて行動し、チームとして仕事ができるように組織論を学ぼうと考えました。そして、参考となる本を探すために立ち寄った書店で、運命的な出合いをしたのです。それは、京セラ創業者である稲盛和夫氏の「アメーバ経営」という本でした。教育を兼ね備えた精緻な組織づくりと同時に、「人の心」という精神面にも触れられている稲盛氏の考え方に一気に引き込まれ、2010年に盛和塾に入塾しました。

 その年の夏、盛和塾塾長例会に初参加した時のこと、「幹部の教育はどうしたらよいでしょうか」と思い切って稲盛塾長に話しかけました。photo塾長は「あなたの会社にフィロソフィはあるのですか」と問われました。私はフィロソフィ手帳のことだと思い、「ありません」と答えました。塾長からは「話にならん」と一蹴されてしまいました。私は一生懸命考え、「塾長はフィロソフィ手帳のことではなく、我社に哲学や理念はあるのかと問われたのだ」と理解しました。どちらにしても、弊社には哲学や理念もありません。しかしながら、調べてみると創業者の思いが社是として存在していたことが分かりました。私はこれをベースに経営理念を策定しました。
 そして、正しいことを貫きたいという思いから、「義を見てせざるは、勇なきなり」と社是も一新しました。

塾長の教えを経営の軸に置き、社内で実践

 さらに、2011年には稲盛塾長への経営問答の機会を頂戴し、社長である父との関係について質問をしました。私は入社以来「社長には絶対服従」の誓いの下、父との衝突は一度もありませんでした。しかし、盛和塾の先輩塾生からは「父親とぶつかるべき、ケンカすべきだ」という意見を少なからずいただいていました。そこで私は、その答えを塾長に求めたのです。

 塾長は、「あなたの言う通り。素晴らしい経営をされているお父さんに、入社間もないあなたが、物申すなどやってはいけない。まずは学びなさい」とおっしゃいました。塾長の答えに大変な安堵感を覚えると同時に、父からも盛和塾での学びと実践に対してより理解を示してくれるようになり、私は経営の軸を塾長の教えに置き、純粋に実践することを心に決めました。


photo

 さっそく私は幹部層に対して、週に一度「フィロソフィ」の勉強会を行いました。しかしながら結果は全くの無反応でした。親子ほどの年齢の離れた私が、京セラフィロソフィをベースに立派な話をしたところで、誰も耳を貸さないのは当然と言えば当然の事だったのかもしれません。

 それでも私は諦めずに、次はコンパを行いました。管理部門の責任者として同じ部門の30才までの若手社員を集めた、月に一度、参加費500円の勉強会コンパでした。幹部層からの勉強会に対する無反応に内心は不安でしたが、新卒に近い社員ほど吸収が早く、学びを素直に実践してくれ、日々の言葉や行動が変わっていく姿に、私は嬉しくてなりませんでした。このようにして、私は少しずつ実践を重ねていったのです。

2016年01月28日

| 1 | 2 | 3 |